蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行

<   2017年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

冬の雲(蝶々雲)

「冬の雲」が広がり部屋で仕事をするにも照明が要る。
昼頃になると青空が広がり「冬の雲」もちぎれ「蝶々雲」となり、窓枠の左から右へと過っていく。
あぁ、バタフライガーデン“蝶狂人”にも「塀の屋根」を行ったり来たりする冬蝶が飛び交う季節になったのか・・・・。

【蝶々雲】
 「冬の雲」(三冬の季語)の子季語に「蝶々雲」(ちょうちょうくも、てふてふくも)がある。これまた「蝶々雲」も来訪蝶のひとつ、そう思えば冬枯れしたバタフライガーデンもオツなものだ・・・・。
「窓よぎる蝶々雲の名残かな」(まどよぎる てふてふぐもの なごりかな)
b0189231_13364826.jpg
















この「ちぎれ雲」を「蝶々雲」といいます。

[PR]
by tyokyojin | 2017-11-29 13:37 | 今日の1枚 | Comments(0)

小春日和の来苑者

小春日和
久し振りに、部屋に居るより気持ちがよい小春日和。大根の冬越し貯蔵をした。
バタフライガーデン“蝶狂人”は、当然のこととして冬枯れ状態で、咲いているのはビオラぐらい。
「キタキチョウ」「ウラギンシジミ」「キタテハ」が日溜りを探し飛び回っていた。

【ウラギンシジミ(♀)】
b0189231_14513754.jpg
















180mmマクロと比較してみたいが、18-400mmが装着されていたので400mm、マクロモードで撮影してみた。
「そぉーじゃないだろう」っていう感じに撮れた。

数年前の撮影画像を紐解き川柳の一句
「年寄りてカメラか我かボケの山」

この画像は「ニューカメラ」に「ニューレンズ」・・・・「カメラ」のせいにするなって!

[PR]
by tyokyojin | 2017-11-28 14:59 | 今日の1枚 | Comments(0)

感動のゼフィルス(第3弾)

さて、バタフライガーデン“蝶狂人”に集う蝶たち94種からゼフィルス15種を抜粋した最終回、季節は夏本番になりました。

【オオミドリシジミ】 農道奥で観察できるゼフです
b0189231_08074696.jpg
















【クロミドリシジミ】 特区での観察・・・・10数kmに渡り広く分布しています
b0189231_08100808.jpg
















【エゾミドリシジミ】 農道奥で観察できます
b0189231_08120204.jpg
















【ジョウザンミドリシジミ】 特区です
b0189231_08133665.jpg
















【ハヤシミドリシジミ】 特区です バタフライエイドに参加しようとカシワを植えてみましたが・・・・
b0189231_08155713.jpg
















あと、棲息していそうなゼフは何でしょうかネ?









[PR]
by tyokyojin | 2017-11-28 08:17 | | Comments(0)

感動のゼフィルス(第2弾)

ゼフィルスに限らず、一枚の画像から種の特定をするのは難しい。
特にゼフィルスは角度により輝きが変化するので尚更だ。
まして、ゼフィルスを好きになって時か浅いので・・・・今回の掲載で「ミドリシジミ」もその一つ、間違った同定であればご一報ください。

【オナガシジミ】 フィールドを含め初撮影が農道であったとは感動中の感動だ
b0189231_20385814.jpg
















【ミズイロオナガシジミ】 農道奥の竹藪で観察できる
b0189231_20402838.jpg
















【ミドリシジミ】 農道奥にモミジの大木がありコムラサキと仲良く吸蜜、500mmで撮っていたら風に吹かれ目の前に降りてきた
b0189231_20432491.jpg
















【メスアカミドリシジミ】 本種も特区のみだ
b0189231_20443736.jpg
















【アイノミドリシジミ】 本種も特区の路上で撮影した
b0189231_20462377.jpg






[PR]
by tyokyojin | 2017-11-26 20:46 | | Comments(0)

感動のゼフィルス

日本には25種のゼフィルス(西風)が生息している。
バタフライガーデン“蝶狂人”では60%、15種の西風が吹く・・・・ゼフィルスに関しては東方向の林に棲む種も含めている。
なぜなら、農道奥、川縁の竹藪に生えている樹木や通過組(農道や庭)で観察出来ている種も多いので「蝶特区」として飛び石地域と定義したからである


では、5種づつ3回に分け掲載しましょう。
【ウラゴマダラシジミ】 竹藪でも観察できる
b0189231_22152385.jpg
















【ムモンアカシジミ】 庭先で去年の目撃とブッドレアで今年撮影できた
b0189231_22170398.jpg
















【アカシジミ】 屋根の上を通過した
b0189231_22190273.jpg
















【ウラナミアカシジミ】 特区での撮影のみ
b0189231_22202830.jpg
















【ウラミスジシジミ】 順番を間違えて割り込んできた
b0189231_22224293.jpg







[PR]
by tyokyojin | 2017-11-25 22:24 | | Comments(0)

ヒメ三姉妹

ヒメ三姉妹といえば「ヒメシジミ」「アサマシジミ」「ミヤマシジミ」だが・・・・
バタフライガーデン“蝶狂人”には「アサマシジミ」は20年以上前に当台地から姿を消したようだ。
しかし、代わりに「オオルリシジミ」がいるので嬉しいことだ。
「オオルリシジミ」は保護活動をしているので良いが「ミヤマシジミ」は風前の灯状態にある。

【ヒメシジミ】(♂)
b0189231_21212431.jpg
















【ヒメシジミ】(♀)
b0189231_21221801.jpg
















本種は、まだまだ健在だが油断は出来ない。

【ミヤマシジミ】(♂)
b0189231_21234484.jpg
















【ミヤマシジミ】(♀)
b0189231_21251275.jpg
















台地で最もほけている「コマツナギ」の群落を作ったのだが住み着いていない。


[PR]
by tyokyojin | 2017-11-24 21:26 | | Comments(0)

初夏の思い出


バタフライガーデン“蝶狂人”・・・・今シーズンの撮影記録の少なさ(減少)を物語る一件。
 →何と「コミスジ」の記録が漏れている。撮り忘れの原因?

ミスジチョウの仲間たち
【アサマシジミ】 当地で名付けられた蝶のひとつ  ←「アサマイチモンジ」でした!
b0189231_07580575.jpg
















【イチモンジチョウ】 どなたかが「私」に付けた名前
b0189231_08003866.jpg
















【オオミスジ】 農道奥の巴旦杏が生家のよう
b0189231_08023225.jpg
















【ホシミスジ】 オオミスジの友達みたい
b0189231_08034645.jpg
















彼らは通過・訪問でなく“蝶狂人”が生家で・・・・蝶狂人より先輩です。


[PR]
by tyokyojin | 2017-11-22 08:06 | | Comments(2)

天神岬(楢葉町)

旅の未知草、「浜通り」北上の旅(其の弐)→天神岬に立ち寄った。

天神岬 断崖美が綺麗だった。
b0189231_23240605.jpg
















天神岬に向かう途中に「笑ふるタウンならは」があった。
b0189231_23255713.jpg
















天神岬から広野火力発電所が見えた。
b0189231_23271515.jpg
















陸側には、中間貯蔵施設が・・・・。
b0189231_23281263.jpg
















展望台の手すりに太腿をあて三脚がわりに体を固定して撮影・・・・。
→0時に家を出て走り放しが良くなかったのかめまいが・・・・?!

丁度この時 10:12 福島沖でM4.8の地震 震度4なので揺れるよね!



[PR]
by tyokyojin | 2017-11-20 23:32 | 旅の未知草 | Comments(0)

「浜通り」北上の旅

11月の「旅の未知草」は、国道6号浜通りの北上です。

まずは、第二ポイント(第一は東海原発)・・・・オリンパス製ミラーレス一眼 OLYMPUS PEN E-PL1s
→日立港北端にある「日立灯台」(日立市民文化遺産)・・・・団塊の世代の我らも「遺産?」
b0189231_19362758.jpg
















そして、第三ポイント・・・・新兵器 キャノン EOS Kiss9 に タムロン B028 18-400mm の試写一号
→「伊師浜海岸」 日の出直後で露出不足
b0189231_19413630.jpg
















「鵜の岬」遊歩道にて・・・・試写の続き
b0189231_19430280.jpg
















日の出直後(同上)
b0189231_19440269.jpg



[PR]
by tyokyojin | 2017-11-19 19:44 | 自然 | Comments(0)

晩春を飾るバタフライガーデン

蝶狂人の春を締めくくる蝶はオオルリシジミです。
b0189231_12292265.jpg
















b0189231_12295665.jpg
















上がオスで下がメスです。

[PR]
by tyokyojin | 2017-11-16 12:31 | | Comments(0)



バタフライガーデン“蝶狂人”の管理人
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ありがとうございます。紛..
by tyokyojin at 07:46
ヒメシジミのメスですね。
by 浅間の煙 at 08:39
ご無理をされず、ぼちぼち..
by tyokyojin at 19:55
ありがとうございます。 ..
by grassmonblue at 11:50
平地では既に発生していま..
by 蝶狂人 at 20:52
こんにちは。 私、モン..
by grassmonblue at 19:33
himeoo27 さん ..
by 蝶狂人 at 08:48
「コミスジ」が抜けても錚..
by himeoo27 at 18:03
himeoo27さんへ ..
by 蝶狂人 at 17:15
株が大きくなり 暖かく..
by himeoo27 at 13:56
ライフログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧