蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行

カテゴリ:蝶( 183 )

秋の蝶

バタフライガーデン“蝶狂人”に集う蝶たち
 抜粋してのシーズンも一旦終えましょう。

【アオスジアゲハ】 南信は別として東信では越冬も出来ないので南からの便り(二つ折りの恋文)といえるでしょう。
b0189231_10320258.jpg
















南国の装いで何とも言えません。宮城に居た頃、太平洋沿岸を北上し普通に見られました。
群馬北部まで北上しているナガサキアゲハ、長野市辺りで目撃記録があります。
近々には「蝶狂人」にもモンキアゲハともども顔を見せるかもしれません。楽しみに庭造りしましょう。

【アサギマダラ】 渡りの蝶、フジバカマの回廊を造った元手がとれました。
b0189231_10383521.jpg
















今シーズンは最高の渡りを見せてくれました。
日々の飛来記録、62頭/日、期間単純合計405頭/9.13-10.10は記録更新です。
20頭/日を超えたのは9/23-10/3でした。62頭に囲まれると流石に圧巻です。
来シーズンに向け株分けで増やしました。楽しみです。

【クジャクチョウ】 めっきり数が少なくなりましたが飛来し安堵しています。
b0189231_10442447.jpg
















【ツマグロヒョウモン】 本種も暖地性の蝶なので、まだ「ドキッ!」っとします。
b0189231_10455942.jpg
















【ムモンアカシジミ】 夏の蝶ですが、秋になって94種目(今年の唯一の新顔)を数えさせてもらいました。
b0189231_10481732.jpg
















シーズン中に無傷のピカピカ写真を撮りたいです。カメラもレンズも新しくしたので待っているよ!



[PR]
by tyokyojin | 2017-12-03 10:50 | | Comments(0)

夏蝶の続き

バタフライガーデン“蝶狂人”に集う蝶たち・・・・もう少し続けましょう。

【アオバセセリ】 几帳面な蝶です。毎年、ほぼ同じ日に飛来します。
b0189231_21134882.jpg
















【キバネセセリ】 アオバセセリより先に顔を出します。
b0189231_21150103.jpg
















【ミヤマカラスシジミ】 カラスシジミも来ますが、ミヤマカラスシジミの方が圧倒的に飛来します。
b0189231_21154146.jpg
















【オオムラサキ】 町村合併までは、「村蝶」さんでした。
b0189231_21185300.jpg
















【オオウラギンスジヒョウモン】 ウラギンスジヒョウモンは普通に飛来しますが、オオウラギンスジヒョウモンは稀です。
b0189231_21192430.jpg
















【キマダラモドキ】 本種とオオムラサキは部屋の中にも入ってきます。
b0189231_21210259.jpg







[PR]
by tyokyojin | 2017-12-01 21:22 | | Comments(0)

感動のゼフィルス(第3弾)

さて、バタフライガーデン“蝶狂人”に集う蝶たち94種からゼフィルス15種を抜粋した最終回、季節は夏本番になりました。

【オオミドリシジミ】 農道奥で観察できるゼフです
b0189231_08074696.jpg
















【クロミドリシジミ】 特区での観察・・・・10数kmに渡り広く分布しています
b0189231_08100808.jpg
















【エゾミドリシジミ】 農道奥で観察できます
b0189231_08120204.jpg
















【ジョウザンミドリシジミ】 特区です
b0189231_08133665.jpg
















【ハヤシミドリシジミ】 特区です バタフライエイドに参加しようとカシワを植えてみましたが・・・・
b0189231_08155713.jpg
















あと、棲息していそうなゼフは何でしょうかネ?









[PR]
by tyokyojin | 2017-11-28 08:17 | | Comments(0)

感動のゼフィルス(第2弾)

ゼフィルスに限らず、一枚の画像から種の特定をするのは難しい。
特にゼフィルスは角度により輝きが変化するので尚更だ。
まして、ゼフィルスを好きになって時か浅いので・・・・今回の掲載で「ミドリシジミ」もその一つ、間違った同定であればご一報ください。

【オナガシジミ】 フィールドを含め初撮影が農道であったとは感動中の感動だ
b0189231_20385814.jpg
















【ミズイロオナガシジミ】 農道奥の竹藪で観察できる
b0189231_20402838.jpg
















【ミドリシジミ】 農道奥にモミジの大木がありコムラサキと仲良く吸蜜、500mmで撮っていたら風に吹かれ目の前に降りてきた
b0189231_20432491.jpg
















【メスアカミドリシジミ】 本種も特区のみだ
b0189231_20443736.jpg
















【アイノミドリシジミ】 本種も特区の路上で撮影した
b0189231_20462377.jpg






[PR]
by tyokyojin | 2017-11-26 20:46 | | Comments(0)

感動のゼフィルス

日本には25種のゼフィルス(西風)が生息している。
バタフライガーデン“蝶狂人”では60%、15種の西風が吹く・・・・ゼフィルスに関しては東方向の林に棲む種も含めている。
なぜなら、農道奥、川縁の竹藪に生えている樹木や通過組(農道や庭)で観察出来ている種も多いので「蝶特区」として飛び石地域と定義したからである


では、5種づつ3回に分け掲載しましょう。
【ウラゴマダラシジミ】 竹藪でも観察できる
b0189231_22152385.jpg
















【ムモンアカシジミ】 庭先で去年の目撃とブッドレアで今年撮影できた
b0189231_22170398.jpg
















【アカシジミ】 屋根の上を通過した
b0189231_22190273.jpg
















【ウラナミアカシジミ】 特区での撮影のみ
b0189231_22202830.jpg
















【ウラミスジシジミ】 順番を間違えて割り込んできた
b0189231_22224293.jpg







[PR]
by tyokyojin | 2017-11-25 22:24 | | Comments(0)

ヒメ三姉妹

ヒメ三姉妹といえば「ヒメシジミ」「アサマシジミ」「ミヤマシジミ」だが・・・・
バタフライガーデン“蝶狂人”には「アサマシジミ」は20年以上前に当台地から姿を消したようだ。
しかし、代わりに「オオルリシジミ」がいるので嬉しいことだ。
「オオルリシジミ」は保護活動をしているので良いが「ミヤマシジミ」は風前の灯状態にある。

【ヒメシジミ】(♂)
b0189231_21212431.jpg
















【ヒメシジミ】(♀)
b0189231_21221801.jpg
















本種は、まだまだ健在だが油断は出来ない。

【ミヤマシジミ】(♂)
b0189231_21234484.jpg
















【ミヤマシジミ】(♀)
b0189231_21251275.jpg
















台地で最もほけている「コマツナギ」の群落を作ったのだが住み着いていない。


[PR]
by tyokyojin | 2017-11-24 21:26 | | Comments(0)

初夏の思い出


バタフライガーデン“蝶狂人”・・・・今シーズンの撮影記録の少なさ(減少)を物語る一件。
 →何と「コミスジ」の記録が漏れている。撮り忘れの原因?

ミスジチョウの仲間たち
【アサマシジミ】 当地で名付けられた蝶のひとつ  ←「アサマイチモンジ」でした!
b0189231_07580575.jpg
















【イチモンジチョウ】 どなたかが「私」に付けた名前
b0189231_08003866.jpg
















【オオミスジ】 農道奥の巴旦杏が生家のよう
b0189231_08023225.jpg
















【ホシミスジ】 オオミスジの友達みたい
b0189231_08034645.jpg
















彼らは通過・訪問でなく“蝶狂人”が生家で・・・・蝶狂人より先輩です。


[PR]
by tyokyojin | 2017-11-22 08:06 | | Comments(2)

晩春を飾るバタフライガーデン

蝶狂人の春を締めくくる蝶はオオルリシジミです。
b0189231_12292265.jpg
















b0189231_12295665.jpg
















上がオスで下がメスです。

[PR]
by tyokyojin | 2017-11-16 12:31 | | Comments(0)

蝶狂人の春蝶

2017年の蝶シーズンが終えた。春蝶よりツバメシジミ(♂)を選んだ。
絶滅危惧種・普通種、バタフライガーデンを訪れたお客様ゆえ分け隔てなく綺麗に撮ってあげたいと心がけている。

ツバメシジミ(♂)
バタフライガーデン“蝶狂人”を訪れるオオルリシジミやミヤマシジミより綺麗な色合い。オスだけでなくメスも黒光りを特徴とする。
b0189231_08094363.jpg

[PR]
by tyokyojin | 2017-11-15 08:10 | | Comments(0)

アサギマダラの渡り

2017年の秋祭り(バタフライガーデン“蝶狂人”)は5年目を迎え記録更新等大盛況に終えた。
期間は9/13~10/10まで、単純積算で406頭、ピークは9/27で62頭を観察、いずれも大幅に更新した。
フジバカマの刈り取りも終え、その際に数えた本数は4,609本(5年前に植えたのは200本、23倍に増えた)。
使用予定の場所より10数株を30株に株分け移植したので来季はもう少しフジバカマの範囲が広がる。

9/25(45頭飛来)の中にマーキング付がいた。
→「山ZAO 8/20 SF11」 山形蔵王より36日間かけて飛んで来た。ずいぶんゆっくりの移動だ。
b0189231_08404171.jpg

[PR]
by tyokyojin | 2017-10-15 08:41 | | Comments(0)



温暖化と環境破壊から里山を守ろう
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
himeoo27 さん ..
by 蝶狂人 at 08:48
「コミスジ」が抜けても錚..
by himeoo27 at 18:03
himeoo27さんへ ..
by 蝶狂人 at 17:15
株が大きくなり 暖かく..
by himeoo27 at 13:56
himeoo27 さん ..
by tyokyojin at 21:47
11/3文化の日は、そち..
by himeoo27 at 13:11
himeoo27 さん ..
by tyokyojin at 07:14
珍蝶の「ムモンアカシジミ..
by himeoo27 at 20:36
H.A.さん ありがと..
by 蝶狂人 at 21:22
これは、なかなか珍しいで..
by H.A. at 17:45
ライフログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧