蝶狂人@蝶と里山の浪漫紀行

君の名は?

今年は手入れをしたこともありイチゴが例年になくとれた。
味は淡泊だが瑞々しいイチゴ・・・・こちらは観賞用のイチゴだ。
そのイチゴを撮影していた。
b0189231_1841289.jpg


東風が強く、枯葉とか何かの種子が飛んできた。
そんな中に、紛れ込んで飛ばされてきた小さな蝶は見逃さなかった。

表しか撮影できなかったガ・・・・君の名は?
数日前に近所でヒメシジミが発生した。アカシジミを撮影した場所と目の前の水田の畔で発生する。
撮影後、確認に行ったら「全てオス」である。

ところで、一昨年前までは「ミヤマシジミ」が我が家に飛んできていた。
農道にコマツナギを植えた。こぼれ種が帯状に増えミヤマシジミの避難場所に十分の環境が出来上がった。
しかし、昨年は全く姿を見せなく、発生地でも見かけなくなり絶滅してしまったのかと心配していた。

・・・・前置きが長すぎたようだ。諸要件を考慮して次の画像から「ミヤマシジミのメス」と同定したが、如何なものだろうか・・・・ご意見を頂戴したい。
b0189231_18141822.jpg


この撮影がやっとだった。強風にあおられ持ち去られてしまった。

追伸(6/8)
間違いなく同一個体だと思います。裏側の撮影が出来ました。
b0189231_15255143.jpg

[PR]
by tyokyojin | 2016-06-06 18:15 | 今日の1枚 | Comments(2)
Commented by kmkurobe at 2016-06-09 17:41
ミヤマシジミだと思うんですが・・・・・
Commented by 蝶狂人 at 2016-06-09 22:30 x
kmkurobe さん
心強いコメントありがとうございます。
課題は「発生地」の突き止めで・・・・どうしたものか思案中です。
まず、近々に畔草刈をした場所を探してみようと思います。
ミヤマの移動距離はどれくらいかということですが、そう遠距離ではないかと思いますが1km四方程度は食草や相方探しで飛び回るでしょうか・・・・。少なくても2化はするでしょう。腰を据えての保護をしたいと思います。
<< 花と蝶 醍醐味 >>



温暖化と環境破壊から里山を守ろう
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
H.A.さん お疲れ様..
by 蝶狂人 at 18:50
himeoo27さん ..
by 蝶狂人 at 18:45
先日はありがとうございま..
by H.A. at 13:33
今年もオオルリシジミが命..
by himeoo27 at 19:47
こちらこそ、ご無沙汰して..
by 蝶狂人 at 20:48
ご無沙汰しています。 ..
by H.A. at 17:28
今シーズンのヒメギフはそ..
by Tyokyojin at 17:31
先週の金土と東信のヒメギ..
by himeoo27 at 20:31
himeoo27 さん ..
by 蝶狂人 at 23:24
白鳥の飛び立ちは、 正..
by himeoo27 at 06:52
ライフログ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧